THING MEDIA Inc.
  • SATO
  • 2018年7月4日

 きゃっしっすね(悔しいですね) 

2018FIFAロシアワールドカップ

決勝トーナメント1回戦

日本vsベルギー

激闘の結果、、、

2ー3で負けた!!

0ー0でなんとか持ちこたえた前半を終え、

柴崎の攻めのスルーパスに反応した原口のゴールでまさかの先制して、

香川の落としから乾が今大会でも屈指のスーパーゴールを決め、

2点先行、
誰もが歴史が変わることを信じた。

アクシデントのようなヘッドで1点入れ返されて、
いやいや、ないでしょ、まだ1点あるし、と誰もが思った。

途中出場のフェライニのめちゃ高いヘッドで同点にされて、
あっこうなっちゃうか、いや、でも戦えてるし、まだいける、と誰もが思った。

川島がスーパーセーブして、
やっぱり守護神はお前しかいないと想い、
アディショナルタイム本田のフリーキックに、
ここはまじで頼む、本田しかいないと想い、
最後のコーナーキックに、
これ最後のセットプレーいってくれと想い、

GKクルトワがキャッチし、
デブルイネがダッシュで走り、ボールを受け取り、
高速カウンターが発動し、
右サイドに展開、
あっとゆーまに日本ゴール前、
パスが出て、
ルカクが長谷部を完璧に引き連れ、スルーし、
途中出場のシャドゥリに決められて、

日本の戦いは、終わりを迎えた。

まじ、きゃっしっす。(悔しいです)

本当に、きゃっしっす。(悔しいです)

スポーツは2ー0が一番怖い。

3点目を入れてとどめをさせんのか、
1点入れて逆襲ムードをつくるのか、
次の1点をとったチームに風が吹くと言われている。

隣のおっさんがツバをゴクリと飲みながら、
そう言っていた。

信じたくないけど、
そうなっては欲しくないけど、

ほんとにそうなってしまった。

世界との壁って言われますが、
なんなんですかね、いったい。

4年の間に3人目の監督、
しかも直前の監督交代劇、
良い選手は揃ってるのに勝てない、
ワールドカップ開幕前、みーんな
こんなにも日本代表に期待しないワールドカップってないよね、
と話していた。

でも、
彼らは、結果を出して、みんなの想いをつないだ。

1戦目のコロンビアにまさかの勝利を納め、
2戦目のセネガルに打ち合いの末ドロー、
3戦目のポーランドは負けはしたものの、終盤の戦い方に批判が出まくったけど、
下馬評を覆し、グループリーグを突破した。

決勝トーナメントは、日本時間の27時キックオフ。

いやー、眠いでしょ、という声も多かったと思うが、

激闘だった。
ほんとに激闘だった。
激闘すぎた。

個人的には、
2点先行した時点で、どうしても緩んでしまうその気持ちを切り替えるために岡崎あたりを投入してほしかったと思った、
が、
そんなことできないくらい、まだまだいけるという可能性を感じたのも事実。

最後の本田のコーナーキックは、本田さんの経験上、延長を見越してカウンターを警戒して
ショートコーナーにしたってよかった、
が、
そんなことできないくらい、ごちゃごちゃしたっていいからコーナーキック入れて勝ってくれと思ったのも事実。

さて、
ロシアワールドカップはここからさらに佳境に突入、
どこが優勝すんのか、ほんとわからない。

ネイマール、コウチーニョ、ウィリアン、ジェズス、フィルミーノ、カゼミロ、パウリニーニョ、マルセロ、チアゴシウバ、などなど、もう全員スターだけどチーム力もちゃんと高い、ブラジルがいくのか、

それともまさかの19歳で10番を背負い、アルゼンチン戦で覚醒してメッシに引導を渡したエムバベが期待すぎるフランスがいくのか、

ここにきてカバーニ、スアレスの連携がかなり危険になってきた上に、ゴディンとヒメネスの強固すぎるディフェンスでCロナを葬ったウルグアイがいくのか、

経験を積んだゴールデン世代が牽引するベルギーがいくのか、

それとも開催国パワーでスペイン下したロシアか、

延長後半にPK外してこのままだとモドリッチが悲劇のエースすぎるという展開の中、岡崎とレスターでまさかのプレミア優勝を経験し、父も最強だったデンマークのGKシュマイケルとガチンコでやりあったPK戦の末勝ち上がったクロアチアか、

伏兵すぎるスウェーデンか、

まだ戦ってないけど、日本に負けてからどんどん強くなっていってるコロンビアか、

個人的に過去期待しすぎて、国際大会は絶対結果を出せなくて黄金世代が全員代表引退、
でも、そこから、ちゃんと若返って、しかも今大会5得点で得点王は目前のケインにかかっているイングランドか、

まじでわからないけど、

ちゃんと観て、ワールドカップを楽しむしかねえ。

日本は、こっから次の2022年カタールワールドカップ、
さらにその次の2026年アメリカ・カナダ・メキシコ共同開催のワールドカップに向けて、

今回の悔しさを経験したメンバーに加えて、
将来の逸材、久保建英・中井卓大や、
今回選考外の、中島翔哉、浅野拓磨、久保裕也、堂安律などなど
あげていったらキリがないけど
しっかり世代交代をして、
積み上げて、
また日本中を熱狂させてほしい、
そして、歴史を切り開いてほしい。

いくらでもサッカーのこと話せるなと思いつつ、
こんなところで終わりたいと思います。

まじ、きゃっしっす。

佐藤一樹
佐藤一樹THINGMEDIA株式会社 取締役|Producer
ドラマが好き、マキシマムザホルモンが好き、脳みそ震わせることが好き